2008年05月15日

国の業務費用損益を使う

国の業務費用損益を使う(ごまかす)

財務書類に書いてある資産負債差額って、これ何? 

貸借対照表、資産負債差額増減計算書、業務費用計算書の三書類をじっと眺めてやっとわかりました。

要は「業務費用損益」の事で、企業会計で使われる「当期未処分損益」の事でしね。

家計でいう赤字のことです、簡単に言うと明日からどうして生活をしてゆこうとした時に

誰かに借りて生活費を工面しようとするときに考えられた提出する書類ですよ。

一応例として財務省の財務書類を表3Aに示し、資産負債差額と業務損益とのつながりを矢印付実線で示しました。

もう「資産負債差額」なんてごまかさず「業務費用損益」と正式名称を使いましょう。

変な名称だと隠し事をしているみたいで、省の信用度はガタ落ちです。

正式名称なら意味がすぐわかりますから、公務員自身が「仕事の損益」を見極めながら仕事に励んでくれます。

私は今後「業務費用損益」と表現します。

担当者の失敗の産物ですよ。その始末に税金と言われる国民のお金です。

国の借金1000兆
posted by あちゃこ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96769716

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。